2011年09月05日

涙を奪われた人へ

こんなに変わってしまった世界で
まるで何もなかったかのように
季節は移り変わっていく

そのこと自体
なんだか
暴力的に思える

津波でたくさんの命が失われ
そのことに心を痛めはしても
数年後に始まるだろうことを
見ずに旅立っていった人たちは
幸いなのかもしれないと
時々考えたりする

でも
命のある限り
生きなければ

闘うことをやめてはいけない

諦めるために
生まれてきたんじゃないんだ

涙を奪われた人
あなたはどこに隠れているの?

ねえ
叫んでいいんだよ

当然の権利なんだ

悪いのはあなたじゃない

どうか心を殺さないで

あなたと
あなたの大切な人たちの
一度きりの人生のために
あなたの声を伝えて









posted by 結 at 01:06| 2011年 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。