2007年07月11日

借り

唐突に思った。


わたしは昔の自分をゆるしていないのだ、と。


どうしてもゆるせないのだ。

ゆるしてはいけないのだ。


わたしには借りがある。


借りは大きすぎて

一生かかっても返せそうにない。



あなたの代わりに

生きていてもいいのですか。


わたしといっしょに

生きてくれませんか。



posted by 結 at 14:33| 2007年 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。